失敗しないために!屋根に太陽光パネルを設置する際の注意ポイント
2016年12月22日 admin

屋根のどの面に太陽光パネルを設置するかの判断

住宅に太陽光発電システムを導入する場合、太陽光パネルは屋根に設置することが多いですね。その際に、屋根のどの面に太陽光パネルを設置するかは重要なテーマです。太陽光発電は太陽の光を発電のエネルギー源としているため、できるだけ日当たりが良い場所に発電パネルを設置した方が、多く電力を生み出せますね。そこで屋根の中でもできるだけ太陽に向いて多くの光が受けられる面を中心として、太陽光パネルの設置を行う事になります。

太陽光パネルを設置する屋根の強度を確認

太陽光パネルはそれなりに重量のある構造物であるため、屋根に設置する際には強度に注意が必要です。太陽光発電システムを導入する前には、屋根を中心として建物の構造を点検し、十分な強度を持っているかの確認が欠かせません。もし屋根の強度に心配な点があるなら、補強工事を行うことが有効です。また屋根への設置が難しい場合でも建物の壁面に設置したり、あるいはカーポートなど他の住宅設備に太陽光パネルを設置する選択肢があります。

屋根への発電パネル設置には工事が必要

屋根への太陽光パネルを設置には、工事を必要とします。そのため太陽光発電システムの販売では、工事も同時に請け負っているケースが多いです。そこで太陽光発電システムの本体価格に加えて、工事費用についても念頭に入れる必要がありますね。また屋根への設置工事が原因で、時として住宅トラブルが生じる可能性がある点には注意が必要でしょう。雨漏りなどのトラブルも起こりうるため、信頼できる工事業者を選んだ方が賢明です。

太陽光発電の価格に着目をすることで、家庭内の電力の供給を考えるうえで多くのメリットを実感することが可能です。

About The Author