適正検査の選び方とは
2016年6月28日 admin

適正検査とはどんなものか

適正検査とは、就職活動をする上で避けては通れないものです。適正検査は、知能・学力検査と性格検査の二種類から構成されます。知能・学力検査は30〜50問ほどあり、一時間から一時間半ほどで解く必要があります。国語、数学、社会、理科、時事問題などが一般的内容です。性格検査は100〜150問ほどあり、性格について聞かれます。紙媒体で受けるものと、ネットを通じて受けるものがあります。自宅で受けるものと会場におもむき受けるものがあります。

受験するときのポイント

知能・学力検査はきちんと勉強して対策をたてておくと良い結果となって反映されますが、性格検査は対策はできません。求人者が検査の種類を選ぶことで合格しやすくなるということはないので、選び方は特に考えない方がいいでしょう。性格検査で重要なのは、素直に答えることです。うそをつくとばれますし、当然に不合格になります。性格検査はその企業との向き不向きを見るものなので、自分を良く見せようとせず素直に答える必要があります。

知能・学力検査のポイント

知能・学力検査については、社会人として最低限の常識を見るものです。ですが、勉強から離れてしばらくすると意外と忘れているものなので、きちんと一冊本を選んで勉強することをおすすめします。こうした事前準備への向かい方も受験結果によってわかってしまうので、たかがテストと思わずにきちんと対策をたてましょう。

また、知能・学力検査は問題数が多いため時間が足りなくなります。そのため、時間配分の練習も必要でしょう。

新しい社員を増やす場合、適性検査を行うことが大切になります。適性検査を行うことで、その人の特徴などを把握することができ、会社をさらに良くすることができます。

About The Author