自営業に関すること!その注意点とはどこにあるのか
2016年4月25日 admin

自営業は看板がないです

サラリーマンは企業の看板で働いている、という側面があります。大企業であれば、下請けの社長ですら、元請の新入社員には腰が低いです。仕事も看板で取ってくることができますし、言い方は悪いですがやはり大きな企業というのは楽です。自営業ではそうしたことはなく、完全に自分の信用のみで仕事を取ってくる必要があります。そこが自営業者の厳しいところでもあり、そしてやりがいとなる部分でもありますから、悪いわけではないです。

売るものを把握すること

自営業者に限ったことではないですが、企業とは売るものがはっきりとしています。物品であることもありますし、サービスもあります。自営業者も自分が人に提供するサービスは何なのか、と言うのを完璧に把握して、営業をしていくべきでしょう。ちなみにコネがあるならば、それもとにかく活用することです。人脈などは十分に活用するメリットがありますし、自営業者にとってはある程度、それがあるからこそ、独立した、ということも多いです。

経理に関することとして

自営業者は経理も自分でやる必要がありますから、はっきりいってやることが一杯あります。帳簿をつけないといけないわけですが、基本的には今はパソコンで行うことができるようになっていますから、極めて楽ができます。一応はそれなりの簿記の知識が必要になりますが、それでも何かと楽ができるような状況になっています。昔よりは自営業者の帳簿付けは相当に簡単になっていますから、そこはそこまで心配することではないでしょう。

フランチャイズとは、事業形態(ビジネスモデル)のひとつです。経営方法や営業権利、運営ノウハウを提供する本部と、それを買う加盟店で成り立つ形態です。

About The Author