フランチャイズのポイントとは!そのメリットとデメリット
2016年4月24日 admin

誰でもできるが契約できるとは限らない

フランチャイズと言うのは、自分の好きな業種があるとは限らないです。ですから、少しでも自分のスキルを生かせるような業種を選ぶのポイントであるといえます。フランチャイズは基本的には、まずは契約をする必要があります。つまりは、自分が審査にクリアする必要があります。誰でもお金を払えばできる、というのが原則ではありますが、それでも看板を貸すわけですから、人品的に問題がある人は避ける傾向があるのは確かであるといえます。

フランチャイズの特徴とは

看板を貸す、というのはかなり重要なことです。自己の商標やサービスに関することを相手に提供するわけです。特に販売方法や仕入れルートなどが使えるのは有難いです。フランチャイズ店であるからこそ、安心して店に入ることができるわけです。サービスの質は安定して、画一的ですし、そこが需要がある点であり、起業がしやすいわけでもあります。但し、個人的に向き不向きがあるのも確かであり、サービス業などは自分の特性を生かしたほうが良いでしょう。

ロイヤリティに関すること

契約金以外にも支払う物があります。それがロイヤリティであり、フランチャイズ本部の極めて重要な収入源となっています。また、細かい仕入れの内容に口を出してくることもあります。特に小売関係のフランチャイズでは、全体として売り出したい商品などには仕入れのノルマが入るようになります。ですから、意外と経営に関する細かいことに口を出されることがありますから、それは覚悟しておくべきでしょう。それでもやるメリットがある経営の仕方です。

代理店はメーカーなど製品を製造している企業の製品を販売する会社です。仕入れ価格と販売価格の差を利益としています。

About The Author